Rakuten
美容・コスメ・香水
2024.06.11

【楽天市場】30代向け化粧下地おすすめ23選|美容ライターがシーン別に紹介【プチプラやデパコスも】

30代向け化粧下地おすすめ23選|美容ライターがシーン別に紹介【プチプラやデパコスも】

皆さんはその日に予定によってメイクを変えていますか?「取引先の人に会うからカバー力の高いファンデを塗ろう」「結婚式に出るから大粒ラメのアイシャドウを使おう」など、意識的にアイテムを使い分けていませんか?

そんな中、忘れられがちなのが化粧下地。「リップやアイシャドウは何個も使い分けているけれど、化粧下地は毎日同じ」という人も少なくないはず。しかし、化粧下地こそシーンによって使い分けるべきアイテムです。

今回は30代女性向けに、「ビジネス」「子育て」「デート・パーティー」といった各シーン別におすすめの化粧下地をご紹介!

化粧下地を使い分ける認識がなかったという人も、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 30代女性のライフスタイルは多様
  2. 化粧下地の選び方はシーンによって変わる
  3. ビジネスシーン
  4. 子育てシーン
  5. デート・パーティーシーン
  6. 化粧下地おすすめ8選【ビジネスシーン】
  7. 化粧下地おすすめ7選【子育てシーン】
  8. 化粧下地おすすめ8選【デートシーン】
  9. ベースメイクの時短術
  10. まとめ
この記事を監修した専門家
西田 彩花
美容ライター西田 彩花
幼い頃からコンプレックスに悩み、学生の頃出会ったコスメに感動…!それから美容に興味を持つようになり、独自で成分なども調べていました。美容オタクとして美容ブログを発信していたことも。伝えることが好きで、マスコミ企業に就職。その間、美容の知識を深めたく、美容系資格をいくつか取得。マスコミ企業での経験と、美容の知識を活かしたく、美容ライターとして活動を始め、独立。

30代女性のライフスタイルは多様

30代は女性のライフスタイルが色々と分かれる時期。地元の同級生などを思い浮かべてみると、あの頃は同じ教室で過ごしていた仲間だったのが、今ではそれぞれが全く違う生活を送っていませんか?

バリバリのキャリアウーマン、子育てママさん、華やかなデートを楽しむ女性…など、それぞれが自分の人生を楽しんでいます。

化粧下地の選び方はシーンによって変わる

オフィスでバリバリ働くキャリアウーマンと、自宅で子どもの世話をするママさんでは使うべき化粧下地は異なります。

同様に、仕事が終わってすぐに家に帰る日と、仕事が終わってからデートをする日では使うべき化粧下地は異なるでしょう。
 
ファンデーション、アイシャドウ、リップなどと同様、化粧下地も自分のライフスタイルやその時のシーンによって使い分けるのがおすすめです。

ビジネスシーン

仕事中の画像

ビジネスシーンでのメイクは、清潔感が重要です。

マットな質感のあるカバー力重視の化粧下地、忙しくてメイク直しの時間が取れない場合のために化粧くずれしにくい化粧下地、オフィス内の乾燥に耐えられる保湿力のある化粧下地などを選ぶと良いでしょう。

子育てシーン

子育て中のママの画像

子育て中は、子どもと一緒に公園に出かけたり、スーパーに買い物に出かけたりと、何かと外出する機会が多いです。

そのため、UVカット効果がしっかりある化粧下地、子どもの手に触れても良いような優しい成分の化粧下地を選ぶと良いでしょう。

デート・パーティーシーン

デート中の画像

デートや同窓会などのパーティーシーンで男性が意外とよく見ているのは肌。特に小鼻の毛穴が目立っていると、「生活が不規則なのかな…」「ちゃんとケアしていないのかな…」とがっかりされてしまうことも。

そんなシーンでは、毛穴カバー力が高い化粧下地、ラメやパールでくすみを飛ばして華やかに仕上げてくれる化粧下地などを選ぶと良いでしょう。

化粧下地おすすめ8選【ビジネスシーン】

それでは早速、シーンごとにおすすめの化粧下地をご紹介していきます。

まずは【ビジネスシーン】におすすめの8選です。カバー力の高い化粧下地できちんと感のあるメイクをしたい人や、オフィスの乾燥による化粧くずれなどが気になる人は参考にしてみてください。

化粧下地おすすめ7選【子育てシーン】

次は【子育てシーン】におすすめの化粧下地7選です。子どもと外出する機会が多い人や、優しい成分の化粧下地を探している人はぜひ参考にしてみてください。

化粧下地おすすめ8選【デートシーン】

最後は【デートシーン】におすすめの化粧下地8選です。大切な出会いの場で、いつもの自分よりも美しく華やかに見せたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベースメイクの時短術

ベースメイク中の画像

仕事や子育てに忙しい現代の女性は、朝ゆっくりとメイクをしている時間はなかなか取れないでしょう。ここでは少しでもメイクの時間を短縮できる、「ベースメイクの時短術」をご紹介します。

時間がないからこそ化粧下地は丁寧に
  • 化粧下地だけで肌色を補正できるものが多いため、上に重ねるファンデーションの量が減り、ベースメイクにかける時間を減らすことができます。

    さらに化粧下地をきちんと塗ることでメイクの持ちが良くなり、化粧直しの手間も省けます。
UVカット効果の高い化粧下地を使う
  • 通常は、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションとベースメイクを重ねていきますが、UVカット効果の高い化粧下地を使えば日焼け止めのステップを省けます。
化粧下地は5点置きせずに手のひらで直塗り
  • 化粧下地を使うときは、頬や額に5点置きしてから伸ばす方法が一般的です。しかし実は、この5点置きは必須テクニックではありません。

    きちんとしたい日などは5点置きして丁寧に仕上げたいですが、平日メイクやちょっとそこまで出かける程度なら手のひらで直塗りしてOK。手の平でなじませ、そのまま塗り広げてしまいましょう。

まとめ

今回は30代の人におすすめの化粧下地を、3つのシーン別にご紹介しました。今日のあなたにぴったりのアイテムは見つかりましたか?

きっとこれからもあなたの毎日は変わっていくはずです。その時その時で、自分を1番輝かせてくれる化粧下地を選びましょう。

powered by モノレコ