Rakuten
パソコン・周辺機器
2024.05.23

【楽天市場】Bluetoothキーボードおすすめ15選|失敗しない選び方も紹介

Bluetoothキーボードおすすめ15選|失敗しない選び方も紹介

Bluetoothキーボードは、パソコンなどで文字の入力に使用するキーボードの種類の1つです。キーボードから使用する端末にケーブルをつなぐ必要のない、無線接続のタイプとなっています。

Bluetoothキーボードを使用するメリットとしては、さまざまな端末に幅広く対応できる点、ケーブルがないことで通信する距離や場所を制限されない点などが挙げられます。

今回は数あるBluetoothキーボードの中から、編集部が厳選した、特におすすめしたい商品をご紹介します。Bluetoothキーボードの選び方や、規格についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  1. Bluetoothキーボードの選び方
  2. 乾電池式か充電式かで選ぶ
  3. キーボードを使用する端末で選ぶ
  4. Bluetoothキーボードおすすめ15選|端末別に紹介
  5. Bluetoothキーボードおすすめ5選【パソコンで使用】
  6. Bluetoothキーボードおすすめ5選【タブレットで使用】
  7. Bluetoothキーボードおすすめ5選【スマートフォンで使用】
  8. Bluetoothの規格ごとの違い
  9. バージョン
  10. Class(クラス)
  11. プロファイル
  12. おすすめのBluetoothキーボードを比較する
  13. まとめ

Bluetoothキーボードの選び方

Bluetoothキーボードの画像

Bluetoothキーボードには非常に多くの種類があるので、使ってみたいと思ってもどれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

まずは自分にはどのようなBluetoothキーボードが合っているのかを知ることが重要です。それを知るために考えるべき2つのポイントをご紹介します。

乾電池式か充電式かで選ぶ

Bluetoothキーボードには乾電池を使用するタイプと、キーボードに内蔵されているバッテリーには、2つの充電タイプがあります。

乾電池式

乾電池式は、たとえ外出先で電池切れになっても、乾電池さえあれば使える安心感があります。また、エネループなどの充電池が使えるため、エコで経済的です。

とはいえ、乾電池を買うためのコストや手間がかかり、電池切れになると使えないため、予備の乾電池を持っておく必要があります。

単4電池でも1年くらいは使えるものが多いです。

充電式

充電式のメリットは、電池を買う必要がないことに尽きます。予備の乾電池を用意する必要もありません。

ただし、バッテリー切れになった際にケーブルを持っていないと使用できなくなるので、余裕を持ってこまめに充電するのが望ましいです。

キーボードを使用する端末で選ぶ

デスクトップパソコンやタブレット、スマホの画像

Bluetoothキーボードをどの端末で使用するのかも重要なことです。それによって最適なBluetoothキーボードがどれになるのかが変わってきます。

Bluetoothキーボードを使用する主な目的は以下の3つです。それぞれの目的ごとに、どのようなものが適しているのかをご説明します。

①パソコンで使用する

据え置きのパソコンで使用する場合は、使いやすさを1番に考えましょう。窮屈でなくタイピングがしやすいサイズ、キーの打ち心地、テンキーの有無などが注目すべきポイントになります。

②タブレットで使用する

タブレットで使用する場合の選び方は、パソコンで使用する場合とスマートフォンで使用する場合の中間として考えましょう。

タブレットはバッグに入れて持ち運ぶことが多いので、そのバッグに入るサイズの中で、より使いやすいものを選ぶのが良いでしょう。

③スマートフォンで使用する

スマートフォンで使用する場合には、携帯性が重要です。小さいぶん使いやすさにおいては普通のサイズのキーボードに劣りますが、スマートフォンのみで文字を打つよりも遥かに効率的です。

特にスマートフォンをビジネスツールにしている方は、Bluetoothキーボードの使用がおすすめです。

Bluetoothキーボードおすすめ15選|端末別に紹介

Bluetoothキーボードの画像

それではここから、使用する端末別におすすめのBluetoothキーボードをご紹介します。

Bluetoothキーボードおすすめ5選【パソコンで使用】

まずはパソコンでの使用に最適なBluetoothキーボードのおすすめをご紹介します。

Bluetoothキーボードおすすめ5選【タブレットで使用】

続いて、タブレットでの使用に最適なBluetoothキーボードのおすすめをご紹介します。

Bluetoothキーボードおすすめ5選【スマートフォンで使用】

続いて、スマートフォンでの使用に最適なBluetoothキーボードのおすすめをご紹介します。

Bluetoothの規格ごとの違い

タブレットとキーボードの画像

Bluetoothに対応している機器は、Bluetoothのどの規格を満たしているかで使える機能が違います。規格についての知識を持っておくと、機能を最大限発揮するのに役立ちます。

とはいえ、Bluetoothキーボードを選ぶ際には、それほど難しく考える必要はありません。基本的にはキーボードと使用する端末の両方がBluetoothに対応していればOKです。

バージョン

バージョン(Ver.)は「Bluetooth」や「Bluetooth」といったように右端の数字で表され、その数字が大きいほど改良がなされています。Bluetooth3.0よりBluetooth4.0の方が新しく、より優れていると言えます。

バージョンにより使用できる機能が違いますが、たとえばBluetooth4.0の機能を使う場合は、キーボードと端末の両方がBluetooth4.0以上のバージョンに対応している必要があります。

Ver.機能・特徴
1.1一般に普及し始めたバージョン。
1.22.4GHz帯域の無線LANとの電波干渉への対策がなされた。
2.0最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替える機能を追加できるようになった。
2.1ペアリングが簡略化され、スリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる機能が追加。
3.0最大通信速度が24Mbpsとなる 機能が追加できるようになり、省電力性が向上。
4.0ボタン電池1つで数年間駆動可能なほどの省電力化がなされた。
4.1モバイル端末の電波との干渉を低減、データ転送の効率化、自動で再接続する機能などが追加。
4.2通信速度が2.5倍高速化。
5.0通信速度と通信できる範囲が大幅に向上。
5.1端末の場所だけでなく、方向も探知できるようになった。
5.2オーディオ技術「LE Audio」が追加。

Class(クラス)

Classは電波の強度を示していて、Class1・Class2・Class3の3つがあります。数字が小さいほど、電波の出力と到達距離が優れています。

Class電波強度到達距離
Class1100mW100m
Class22.5mW10m
Class31mW1m

プロファイル

プロファイルは簡単に言うと、何と接続できるかを表すものです。キーボードを接続するためには、キーボードのプロファイルを持っている機器でなければ使用できません。

ですので、たとえばBluetoothのイヤホンやリモコンにBluetoothキーボードを接続することはできません。イヤホンやリモコンはキーボードのプロファイルを持っていないからです。

スマートフォンやタブレットは、基本的にBluetoothキーボードの使用が可能なので、ご安心ください。

おすすめのBluetoothキーボードを比較する

まとめ

Bluetoothキーボードはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットで文字を入力するのにも非常に役に立ちます。

気軽に持ち運んでSNSへの投稿やビジネスができると、生活のスタイルもより自由なものに変えることができるので、1つは持っておくことをおすすめします。

powered by モノレコ