Rakuten
日用品雑貨・文房具・手芸
2024.05.23

【楽天市場】赤ちゃんにおすすめの洗濯洗剤人気ランキングTOP9|肌をいたわりながら汚れを洗浄

赤ちゃんにおすすめの洗濯洗剤人気ランキングTOP9|肌をいたわりながら汚れを洗浄

赤ちゃんの肌は、大人よりもデリケート。赤ちゃんに毎日触れるものだから、肌に優しい洗濯洗剤を使いたいですよね。

一方、ミルクや汗、うんちの汚れなど、大人以上に汚れることも。肌をいたわりつつ、洗浄力もしっかりある洗濯洗剤が理想です。

この記事では、編集部が独自に行なったアンケート結果をもとに、赤ちゃんにおすすめな洗濯洗剤を紹介します。

育児中のご家庭だけでなく、敏感肌さんの洗濯洗剤選びとしても参考にしてみてくださいね。

  1. 赤ちゃんにおすすめな洗濯洗剤の選び方
  2. 洗濯洗剤のタイプ
  3. 成分
  4. 赤ちゃんにおすすめの洗濯洗剤人気ランキングTOP9
  5. まとめ

赤ちゃんにおすすめな洗濯洗剤の選び方

赤ちゃんの肌は、バリア機能が未発達。小さな刺激にも肌荒れを起こしやすい状態です。大人向けの洗濯洗剤は刺激が強すぎることがあるため、大きくなるまでは別々に洗濯し、洗剤も使い分けるのがおすすめ。

洗濯洗剤のタイプ

洗濯洗剤には大きく分けて液体タイプ粉末タイプの2つがあります。それぞれの特徴などを見ていきましょう。

  • 液体タイプ
    赤ちゃん用洗濯洗剤に多いのは液体タイプ。溶け残った洗剤は衣類に付着して刺激になりにくいため、しっかりと水に溶けてくれるのが◎。

    液体洗剤は、溶け残りが少ないのがメリットです。ドラム式洗濯機との相性のよさも特徴の1つ。

    ただし、洗浄力は粉末タイプに比べてやや弱め。赤ちゃんが活動的になり皮脂汚れが増えてきたら、しっかり汚れが落ちているかチェックしましょう。
  • 粉末タイプ
    液体タイプと比べて洗浄力で勝るのが粉末タイプの洗濯洗剤。特に皮脂汚れや黄ばみなど、酸性の汚れをしっかり落としてくれます。

    液体タイプには劣りますが、現在の粉末洗剤は昔のものよりも溶けやすく改良され、扱いやすくなっている商品がほとんど。

    ちなみに、洗浄力が強いため、ウールやデリケートな素材の洗濯には向いていません

成分

繊維に成分が残っていると、かぶれ湿疹を起こすことがあります。健康な大人の肌よりもバリア機能が少ない赤ちゃんの肌で、特に注意したい3つの成分があります。

  • 蛍光増白剤
    蛍光増白剤は、目に見えない紫外線を吸収して青白く光らせる成分。たとえば、白い服やリネンの白さを際立たせたいときに効果を発揮します。

    環境や健康への悪影響はないといわれていますが、赤ちゃんの繊細な肌には刺激になることがあります。
  • 界面活性剤
    合成洗剤の主成分として使われており、汚れが落ちやすく水に溶けやすいものの注意が必要。残留性が高いため、丁寧にすすぎをおこなっても衣類に残ってしまいます。

    赤ちゃん用の洗濯洗剤選びでは、界面活性剤不使用のせっけん洗剤を選ぶのがおすすめ。
  • 香料
    洗濯洗剤だけでなく、柔軟剤にも多く使われている香料。大人にとっては心地良い香りでも、赤ちゃんにとっては強すぎる場合があります。

    肌への刺激になるだけでなく、赤ちゃんの嗅覚に悪影響を与える可能性も。選ぶ際には、無香料タイプの洗剤から探してみるとよいでしょう。

赤ちゃんにおすすめの洗濯洗剤人気ランキングTOP9

ここからは、赤ちゃんにおすすめな洗濯洗剤をアンケート結果からランキング形式で紹介していきます。

まとめ

今回は、編集部が独自に実施したアンケートをもとに、赤ちゃんにおすすめな洗濯洗剤を紹介しました。

低刺激でコストパフォーマンスも優れた洗剤が多数あり、家計への負担なく使い続けられそうです。

赤ちゃんに優しい洗濯洗剤選びをきっかけに、家族みんなの肌を労る洗剤に切り替えるのもおすすめですよ。



※「おすすめの洗濯洗剤」に関する調査(2020年1月実施)
※クラウドソーシングサイトCrowdWorksにてアンケートを実施。有効な回答を得られた10~60代の男女500名の意見をもとに記事を作成。
※対象:洗濯洗剤使用者

powered by モノレコ