Rakuten
キッチン用品・食器・調理器具
2024.05.23

【楽天市場】オリーブオイルおすすめ18選【試飲レビュー】効果や種類、選び方についても解説

オリーブオイルおすすめ18選【試飲レビュー】効果や種類、選び方についても解説

オリーブオイルとはオリーブの果実から搾られる植物性のオイルのことです。「健康に良いオイル」として、サラダのドレッシングやアヒージョ、パスタなど料理に幅広く使われています。

そこで、今回は知っているようで知らないオリーブオイルの種類の違いや選び方について、オリーブオイルソムリエ®の榊田えみさんに解説していただきました。

また、紹介するオリーブオイルをいくつか編集部が実際に試食し、検証を行いました。ぜひ購入する際の参考にしてみてくださいね。

  1. オリーブオイルの種類は大きく分けて2種類
  2. バージンオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)
  3. オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)
  4. 【注意】オリーブポマースオイルはオリーブオイルではない
  5. オリーブオイルの効果とは?摂取しすぎると太る?メリット・デメリットを解説
  6. オリーブオイルソムリエ®が選び方のポイントを紹介
  7. オリーブオイルおすすめ18選|種類別に厳選!編集部の試食レビュー付き
  8. エキストラバージンオリーブオイルおすすめ15選
  9. オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)おすすめ3選
  10. まとめ
この記事を監修した専門家
榊田えみ
オリーブオイルソムリエ®榊田えみ
大阪府出身。酒屋の孫娘として子供時代を過ごす。2009年から沖縄に移住し、琉球朝日放送でニュースキャスターを務める。また、琉球放送の料理番組「KIRINプレゼンツえみのライブキッチン」では、生放送で料理を作り、パーソナリティを務める。食や酒に関する多彩な資格を有し、食レポーター、食育講演会、料理教室講師なども積極的に行うとともに終活を取り入れたライフスタイル提案も行っている。

オリーブオイルの種類は大きく分けて2種類

オリーブオイルの種類の画像

国内で購入できるオリーブオイルは下記の2種類。

  • バージンオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)
  • オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)


2種類のオリーブオイルの違いについて、オリーブオイルソムリエ®の榊田えみさんに解説していただきました。

バージンオリーブオイル(エキストラバージンオリーブオイル)

BOSCOのエキストラバージンオイルのボトル画像
榊田えみ

榊田えみ

オリーブオイルソムリエ®

化学薬品処理や精製処理を一切行わない、天然オリーブ果汁100%のオイルのこと。その最高品質規格を「エキストラバージンオリーブオイル」といい、風味にも一切の欠陥がありません。

なお、若干の風味欠陥を伴う2級グレードのことを「バージンオリーブオイル」といい、まれに市場でも販売されています。

オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)

榊田えみ

榊田えみ

オリーブオイルソムリエ®

単にオリーブオイルと表記されたオイルは、風味に欠陥のあったバージンオリーブオイルや、酸化してしまったバージンオリーブオイルを化学的に精製したものに、少量のエキストラバージンオリーブオイルを混ぜたものを指します。

ちなみに、「ピュアオリーブオイル」という呼称は、かつてあった商品企画です。現在は国際規格から外されており、今はほとんどの商品で「オリーブオイル」とだけ表記されています。

【注意】オリーブポマースオイルはオリーブオイルではない

オリーブオイルとスプーンの画像

オリーブポマースオイルというオイルを聞いたことはありますか?

上記で紹介した2種類のオリーブオイルに比べると、お手頃価格でコスパが良いので「オリーブオイルの一種」として紹介されていることもあります。

しかし、オリーブポマースオイルにはオリーブオイル*特有の効果はなく、オリーブオイルではありません

榊田えみ

榊田えみ

オリーブオイルソムリエ®

オリーブポマースオイルは「オリーブ」の名を冠していますが、オリーブオイルではありません

作り方は、バージンオリーブオイルを作った際に出る搾りかすを化学溶剤を使ってさらに残りの油分を抽出、化学的に精製されて食用になるものもあります。

ただ、エキストラバージンオリーブオイルに見られるような、血中コレステロール減少に有益な酸化を防ぐオレイン酸などの健康成分のほとんどは失われています。

オリーブポマースオイルの場合は、必ずオリーブポマースオイルという表記があるので購入前にチェックしましょう。

オリーブオイルの効果とは?摂取しすぎると太る?メリット・デメリットを解説

メリット
  • LDL(悪玉)コレステロールを上昇させない効果が期待できる
  • 糖質はない
デメリット
  • 摂取しすぎると肥満になる恐れがある
  • カロリーは油なので高め

まず、オリーブオイルの効果、メリットについて解説します。

エキストラバージンオリーブオイルに多く含まれている「オレイン酸」は不飽和脂肪酸で、オメガ9(n-9)系脂肪酸のことです。LDL(悪玉)コレステロールを上昇させない効果が期待できるといわれています。(参考:日本植物油協会)

一方、デメリットとしてはオリーブオイルは摂取しすぎると肥満になる恐れがあります。

  • 白米:100gあたり約170kcal
  • オリーブオイル:100gあたり約920kcal

オリーブオイルは油なのでカロリーは高めです。白米のように大量に食べるわけではありませんが、成人の摂取目安は1日あたり約15mlから30ml(大さじ1杯~2杯)程度。分量を守るようにしましょう。

オリーブオイルソムリエ®が選び方のポイントを紹介

ローズマリーが入っているオリーブオイルの画像
  • エキストラバージンオリーブオイル
    化学薬品処理や精製処理を一切行わない、天然オリーブ果汁100%の最高品質規格オイルのこと。

  • オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)
    風味に欠陥や、酸化してしまったオリーブオイルを化学的に精製したものに、少量のエキストラバージンオリーブオイルを混ぜたオイルのこと。

編集部

2種類のオリーブオイルの特徴から、料理に使う場合はエキストラバージンオイルが良さそうですね!

榊田えみ

榊田えみ

オリーブオイルソムリエ®

そうですね。優れたエキストラバージンオリーブオイルは、スパイスやハーブにも例えられるほど風味が豊かです。

また、品種も多くたくさんの国や地域で生産されています。

こうした品種や栽培地が異なれば、一本一本その風味も異なりますので、個性的な一本一本の風味、味や香りをきちんと感じとって料理に活かすことが大切です。

編集部

エキストラバージンオイルを選ぶときに気をつけた方が良いことはありますか?

榊田えみ

榊田えみ

オリーブオイルソムリエ®

残念なことに、エキストラバージンオリーブオイルと表記されていても、欠陥風味のあるオリーブオイルが店頭に並んでいる場合もあります…。

こうした欠陥オリーブオイルには、スパイスやハーブの香りはなく、発酵臭やクレヨン、酸化した油の不快な匂いなどがあります。おいしくないだけでなく、健康効果もあまり期待できず、他の油が混ぜられていることもあります。

現状では、ボトルだけを見ても品質の良し悪しはわからないので、オリーブオイルソムリエ®などの専門家のアドバイスやOLIVE JAPAN®などの国際オリーブオイルコンテストの結果で品質の確かなものを自分で選ぶ必要があります

オリーブオイルとスパイスやハーブの画像


ハーブのような緑の香り、お花のようなエレガントな香り、トマトや青りんごと言った野菜やフルーツの香り。そして、ペッパーやわさびのような辛さや苦瓜を食べているような苦味を持つものもあるようです。

こうした風味の個性を知って商品選びをすると、活用法も広がりますよね。

この記事で紹介しているオリーブオイル一つ一つに榊田えみさんのコメントをいただいていますので、オリーブオイル選びの参考にしてみてくださいね!

オリーブオイルおすすめ18選|種類別に厳選!編集部の試食レビュー付き

エキストラオリーブオイルを6種類小皿に入れた画像

ここからは、おすすめのオリーブオイルを紹介します!実際に編集部が試食したレビューもぜひ参考にしてみてください。

エキストラバージンオリーブオイルおすすめ15選

まず初めに、オリーブオイルソムリエ®榊田えみさんおすすめの高品質なエキストラバージンオリーブオイルを紹介していきます。

編集部

少し後味にスパイスが効いていて、アクセントになっています。しかし、辛すぎず食べやすい味わいで、スパイスが苦手な人でも問題なく料理に使用できそうです。

編集部

お皿に出したとき、他のオリーブオイルと比べて色が薄く驚きました。桃の香りという通り、甘みの強い味わいでした。

編集部

なめらかで優しい口当たり。離乳食にも使えることもあり、オリーブオイルの味をダイレクトに味わいたい人には、少し味が薄いと感じるかもしれません。

つづいて、編集部がおすすめするエキストラバージンオリーブオイルを紹介していきます。

編集部

酸味が弱く、オリーブ自体の風味は強くなかったです。後味がスパイシーでアクセントが効いていました。

編集部

なめらかかつ重厚な味がしました。オリーブの味も感じられて◎。オリーブオイル独特の味が好きな人におすすめです。

編集部

オリーブの味を強く感じました。クセのない味わいで、料理にも使いやすそう。口当たりも◎。

オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)おすすめ3選

エキストラオリーブオイルの強めの風味が合わなかったり、コスパを重視する人には、オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)がおすすめ。

人気の商品をピックアップしてご紹介します!

まとめ

オリーブオイルとサーモン・アボカドの画像

エキストラバージンオリーブオイルは、食事を豊かにしてくれるだけでなく、さまざまな美容・健康効果も期待できます。

品質が良いものは少々値段が張りますが、今回はコスパが良いものも紹介しているので、はじめの1本はその中から選んでみてはいかがでしょうか。

そして、気になるオリーブオイルが見つかったら、ぜひ日常の食事に取り入れてみてください。

powered by モノレコ