Rakuten
ビール・洋酒
2023.09.25

【楽天市場】ウイスキーおすすめ34選|産地別に人気商品を厳選!専門家による飲み方の解説も

ウイスキーおすすめ34選|産地別に人気商品を厳選!専門家による飲み方の解説も

独特の風味やキレイな琥珀色、スモーキーな香りが特徴のウイスキーは、「自宅でしっぽり嗜む」「居酒屋でハイボールを飲む」など様々な状況で楽しめます。

ウイスキーは産地によって特徴が大きく異なる、非常に奥深いお酒です。せっかくウイスキーを楽しむなら、選び方のポイントをしっかり把握して、ご自身好みの商品を見つけましょう!

この記事では、ウイスキーの選び方について、お酒の専門家である福光佳奈子さんにポイントを伺いながら詳しく解説します。おすすめのウイスキーも多数ご紹介するので、ウイスキー選びの参考にしてくださいね。

この記事を監修した専門家
福光佳奈子
漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営福光佳奈子
札幌市生まれ。アルコールや食、健康に関する執筆や監修などをしている。これまでに1,000種類を超える漬け込み酒レシピを開発。麦焼酎「いいちこ」を使ったレシピ開発も多数手がける。著書「体にうれしい果実酒・野菜酒・薬用酒 200」(秀和システム)は、台湾やシンガポールなど世界5か国で翻訳版も出版。女性セブン、AERA、FLASH、Yahoo!ニュース、日本経済新聞など取材実績が多数ある。
  1. ウイスキーとブランデーの違いとは?原料や味わいに注目
  2. ウイスキーの選び方を6つのポイントでご紹介
  3. 種類で選ぶ|原料によって味わいが変わる
  4. 産地で選ぶ|世界5大ウイスキーの特徴を知ろう
  5. スコッチウイスキー
  6. アイリッシュウイスキー
  7. アメリカンウイスキー
  8. ジャパニーズウイスキー
  9. カナディアンウイスキー
  10. ピート香の強さで選ぶ|初心者はピートが少ないものを選ぼう
  11. アルコール度数で選ぶ|無理なく嗜めるものがおすすめ
  12. 熟成期間で選ぶ|色や味わいが大きく変化する
  13. 楽天市場の人気ランキングから選ぶ|「くじ」や「飲み比べ」といった楽しみ方も!
  14. おすすめウイスキー34選|様々な飲み方で楽しめる人気商品
  15. スコッチウイスキーのおすすめ6選
  16. アイリッシュウイスキーのおすすめ8選
  17. アメリカンウイスキーのおすすめ7選
  18. ジャパニーズウイスキーのおすすめ9選
  19. カナディアンウイスキーのおすすめ4選
  20. ウイスキーのおいしい飲み方|ロックや水割りなどで楽しもう
  21. まとめ

ウイスキーとブランデーの違いとは?原料や味わいに注目

ウイスキーとブランデーの違いとは?原料や味わいに注目

ウイスキーと似たお酒にブランデーがあります。どちらもキレイな琥珀色の見た目をしており、洋酒である点やアルコール度数も同程度と共通点が多いため、違いがわかりづらいと感じる方は多いかもしれません。

ブランデーは原料や味わいなど、複数の特徴が異なります。

まずウイスキーとブランデーの大きな違いは、原料です。ウイスキーはライ麦や大麦、とうもろこしなどの穀物類から、ブランデーはりんごやぶどう、さくらんぼなどの果実から造られます。


味わいも異なり、ウイスキーは燻製したようなスモーキーさとコクが特徴です。一方でブランデーは、ほのかに甘くフルーティーな味わいを感じられます。

また、どちらも蒸留酒ですが製造方法に違いがあります。

ウイスキーは原料の穀物類にほとんど糖分が含まれていないため、そのままでは発酵できません。そのため、麦芽を加えてデンプンを糖化させる必要があります。ブランデーは原料が果実なので、糖化させる過程が必要ない点で違いが生じています。

なお、ブランデーについては別記事でも詳しく解説しているので、興味がある方はぜひチェックしてください。

ウイスキーの選び方を6つのポイントでご紹介

ウイスキーについて調べていると「ピート香」「ブレンデッド」など、難しい単語がたくさん出てきます。ウイスキー初心者の場合、選びたくてもポイントがわからず購入を迷ってしまうのではないでしょうか。

選び方のポイントを知っていれば、ご自身に合う商品を見つけやすくなります。以下では、ウイスキーの選び方について詳しく解説するので、ぜひお好みのウイスキーを見つける際の参考にしてください。

種類で選ぶ|原料によって味わいが変わる

種類で選ぶ|原料によって味わいが変わる

ウイスキーは、原料によって種類が分けられています。

原料が異なる主なウイスキー
3種類について、以下の表にまとめました。

ウイスキーの種類
原料特徴
モルトウイスキー
大麦麦芽(モルト)
・単式蒸留器で造られるため、製造に手間がかかる
・風味豊かで、個性的な味わい
グレーンウイスキー とうもろこし・ライ麦・小麦などの穀物・連続式蒸留器で造られる
・クセが少なく口当たりがマイルド
ブレンデッドウイスキー
モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンド・モルトとブレンデッドを混ぜたもの
・味わいのバランスが取れている

モルトウイスキーは蒸溜所ごとに個性が出るため、ウイスキー通にも人気のある種類です。

グレーンウイスキーは、大量に生産しやすいため比較的安価に手に入るのが特徴で、モルトウイスキーに比べてクセが少なく飲みやすいものが多いです。

ブレンデッドウイスキーは市場での流通量が最も多い種類で、味わいのバランスが取
れているため、ウイスキー初心者にもおすすめです。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

モルトウイスキーは、麦芽のみで造られていて、味わいがしっかりしています。グレーンウイスキーは、モルトウイスキーと比べて、すっきりとした飲み心地です。ブレンデッドモルトは、飲みやすく仕上げられています。

産地で選ぶ|世界5大ウイスキーの特徴を知ろう

産地で選ぶ|世界5大ウイスキーの特徴を知ろう

代表的な生産国であるスコットランド・アイルランド・アメリカ・日本・カナダの5か国で作られたウイスキーは、「世界5大ウイスキー」と称され、高い評価を受けています。

以下で、それぞれのウイスキーの詳細を説明します。

スコッチウイスキー

イギリスのスコットランド地方で蒸留・熟成されたウイスキーです。5大ウイスキーのなかでも長い歴史をもち、世界中のウイスキー愛好家から長年に渡って好まれています。

製造過程でピート
(泥炭)を使うため、燻製したようなスモーキーな香りが特徴です。

スコッチウイスキーと名乗れる銘柄は、「アルコール度数
94.8%以下で蒸留」「スコットランドの保税貯蔵庫に3年以上寝かせた、700リットル以下のオーク材でできた樽で製造」など、法律で厳密に定義されています。

蒸留所の地域によって
6つのタイプにわけられ、それぞれ個性が異なります。ウイスキーに慣れてきたら、蒸留所ごとの違った味わいを楽しむのも良いでしょう。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

スコッチウイスキーは、ピート(泥炭)を焚いて乾燥させる際に生じる風味が特徴です。

熟成年数に比例して、口当たりがやわらかく、まろやかで甘味を感じやすい傾向にあります。

アイリッシュウイスキー

アイルランドで蒸留・熟成させたウイスキーです。アイルランドは、ウイスキー発祥の地とされる説があるほどウイスキー作りが盛んであり、1920年代以前は生産量世界1位を誇っていました。

アイリッシュウイスキーは、すっきりした飲み口で、クセが少なくなめらかな味わいが特徴です。


アイリッシュウイスキーも法律で細かく定義されており、「穀物類を原料にする」「麦芽の酵素にて糖化、酵母の働きで発酵させる」「アイルランド、もしくは北アイルランドの倉庫にて
3年以上熟成させる」など、条件をクリアしないとアイリッシュウイスキーと名乗れません。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

アイリッシュウイスキーは、雑味が少なくすっきりとした味わいで、ウイスキー初心者にも飲みやすいといわれています。

フルーツやバニラ、キャラメルなどを想起させる華やかな香りも魅力です。

アメリカンウイスキー

アメリカで蒸留・熟成されたウイスキーで、もともとはスコットランドやアイルランドの移民によって造られたのが起源とされています。スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキーと比べると歴史は浅いですが、日本での知名度が高く、流通量も多いです。

また、種類が豊富にあることが特徴で、「バーボン」や「テネシー」が代表的です。バーボンの名前を聞いたことがある方も多いと思いますが、バーボンはアメリカンウイスキーの一種であり、アメリカのケンタッキー州で醸造されています。

アメリカンウイスキーは、主にとうもろこしやライ麦などの穀物を原料に造られます。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

アメリカンウイスキーの中で一番流通している「バーボン」は、独特の樽香が感じられ、バニラのような深いコクと甘さがあります。

また「テネシー」は、甘くクリアな味わいで飲みやすいとされています。

ジャパニーズウイスキー

日本で蒸留・熟成されたウイスキーです。スコッチウイスキーを手本にして始まったとされており、世界的にも評価されている銘柄を醸造しています。

個性的な風味のものからクセの少ないものまで、味わいの幅が広いところが特徴です。食事と一緒に味わえる辛口のウイスキーも作られており、様々なニーズに合った商品を選べるのはジャパニーズウイスキーならではといえます。


これまで明確な基準を設けていませんでしたが、
2021年に日本洋酒酒造組合が自主基準を策定しました。原料に必ず麦芽を使用するのをはじめ、製造・貯蔵・瓶詰まで明確な基準を設けています。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

ハイボールで飲むのが好きな方は、クセの少ない「ブレンデッドウイスキー」や「グレーンウイスキー」がおすすめです。

また、ストレートやロックで飲みたい方は、個性的な味わいの「シングルモルトウイスキー」がよいでしょう。

カナディアンウイスキー

カナダで蒸留・熟成されたウイスキーです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、コアなファンが多いとされています。

とうもろこしやライ麦を原料にして造られることが多く、世界
5大ウイスキーのなかでも爽快な飲み口であるのが特徴です。

カラメルのような風味が感じられ、幅広い世代から人気があります。ライトかつマイルドな味わいなので、ウイスキー初心者にもおすすめです。


カナディアンウイスキーにも定められた条件がありますが、他国のように厳密な定義がないため、樽や水質によって風味が大きく異なる場合があります。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

5大ウイスキーの中で、カナディアンウイスキーだけにある「香味づけのためにほかのアルコールを添加してもよい」という特別ルールがあります。

実際の香味づけには、バーボンウイスキーが使用されることが多いようです。

ピート香の強さで選ぶ|初心者はピートが少ないものを選ぼう

ピート香の強さで選ぶ|初心者はピートが少ないものを選ぼう

ピート香とは、ウイスキーの個性である燻製したようなスモーキーな香りのことです。麦芽を乾燥させる製造工程でピート(泥炭)を使用することで、ピートの焼けた香りがウイスキーにつきます。

一般的にピート香が少ないウイスキーの方が飲みやすいとされるため、初心者はそういった商品を選ぶのがおすすめです。

また、ピート香は好みがはっきり分かれるので、複数のウイスキーを試してみてご自身の好みを探りましょう。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

まずは一口ストレートで飲み、ピート香が強いと感じた場合は、炭酸水で割ってハイボールにすると飲みやすくなりますよ。

また、ウイスキーと常温の天然水を1:1で混ぜる「トワイスアップ」という飲み方で楽しむのも良いでしょう。

アルコール度数で選ぶ|無理なく嗜めるものがおすすめ

アルコール度数で選ぶ|無理なく嗜めるものがおすすめ

アルコール度数も、ウイスキーを選ぶ際に考慮したいポイントです。

ウイスキーのアルコール度数は一般的に
40度前後のものが多く、ほかのアルコールと比較して高めです。ビールのアルコール度数は5度程度、日本酒は15度程度、ワインは14度程度なので、ウイスキーのアルコール度数が高いことがわかります。

特に「お酒に弱い」と自覚がある方は、注意が必要です。ウイスキーのアルコール度数は高めであることをしっかり把握し、度数を確認してから購入しましょう。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

度数の高いアルコールは、本来の味わいを楽しめる反面、二日酔いや急性アルコール中毒のリスクもあります。必ずチェイサー(水)を飲みましょう。

また、胃に負担がかかるので、空腹で飲むことも避けてくださいね。

熟成期間で選ぶ|色や味わいが大きく変化する

熟成期間で選ぶ|色や味わいが大きく変化する

ウイスキーは、樽の中で長時間熟成させることで、色や味わい、香りに大きな変化があらわれます。

蒸留してすぐの熟成前のウイスキーを「ニューポット」「ニュースピッツ」と呼びます。アルコール濃度が高く、荒々しくとげのある味わいが特徴です。


その後、長い熟成期間を経てキレイな琥珀色、深い味わい、芳醇な香りへと変化していきます。色や味わいが変化するだけでなく、熟成期間が長くなるほど手間がかかるため、値段も高価になっていきます。


ウイスキーを選ぶ際は、熟成期間が長くなるほど味がまろやかになり、さらに色も濃くなると覚えておきましょう。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

熟成期間が長いほど価値があり、味も深みも増すと思われがちですが、必ずしも長く寝かせればよいというものではありません。

大切なのは、熟成の度合いであり、熟成しすぎると原酒本来の持ち味が弱くなってしまいます。

楽天市場の人気ランキングから選ぶ|「くじ」や「飲み比べ」といった楽しみ方も!

楽天市場の人気ランキングから選ぶ|「くじ」や「飲み比べ」といった楽しみ方も!

ウイスキーは瓶(割れもの)に入っていることも多いため、取り扱いが不安な場合には、インターネットで購入するのもおすすめです。

楽天市場では、人気のウイスキーがひと目でわかるランキングをご用意しています。例えば、スコッチウイスキーやアメリカンウイスキーなどの産地ごとに探せるほか、実際に購入した方の感想がチェックできるレビューが記載された商品もあります。


「くじ」「ガチャ」といった名称で、発送商品がランダムで決まる面白い販売方法があるところも楽天市場の特徴です。どんな商品が届くかわからないワクワク感で、ウイスキーの楽しみがより広がります。

また、どの商品を購入するか悩む方には、飲み比べセットをおすすめします。飲み比べセットは、人気の銘柄が通常販売のものよりも少量ずつ入ったお試しセットです。飲み比べセットで気になるウイスキーを試して、お気に入りの銘柄を見つけましょう。

ウイスキーを楽しむために必要なグラスも楽天市場で揃うので、ぜひ楽天市場で気になる商品を見つけてください。

おすすめウイスキー34選|様々な飲み方で楽しめる人気商品

おすすめウイスキー34選|様々な飲み方で楽しめる人気商品

ここからは、楽天市場で取り扱っている商品から、おすすめのウイスキーをご紹介します。人気ウイスキーを産地ごとにわけてご紹介するので、好みに合わせてチェックしてくださいね。

スコッチウイスキーのおすすめ6選

個性的なウイスキーを飲み比べしたい方は、スコッチウイスキーがおすすめです。ここでは、楽天市場からスコッチウイスキーのおすすめ商品をご紹介します。

12年以上熟成させたアメリカンオークスパニッシュオーク樽原酒、ヨーロピアンオークスパニッシュオーク樽原酒をブレンドしたスコッチウイスキーです。

バニラのような芳香な香りと甘みのバランスのとれた味わいが魅力です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類シングルモルトウイスキー
度数40%
熟成期間12年以上

個性的で少しクセのあるウイスキーを楽しみたい方におすすめの商品です。

ピートのスモーキーな香り・力強く野性味を感じる味わいを楽しめますが、少々個性が強めなので上級者の方向けのウイスキーとなります。

メーカーMHD モエ ヘネシー ディアジオ
種類シングルモルトウイスキー
度数45.80%
熟成期間10年

世界的にメジャーなブランドのスコッチウイスキーです。花やはちみつのようなフレッシュな香りが楽しめます。

まろやかさとドライさのバランスが絶妙な味わいで、万人受けするウイスキーです。

メーカーキリン(KIRIN)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

40種類以上の原酒からなるブレンデッドウイスキーです。アルコール度数は40度と標準並みで、スタンダードウイスキーのベストセラーと称される商品となります。

樽から感じる独特の苦味と甘い香りのバランスが良く、ウイスキーらしい濃厚な風味を楽しめます。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

日本産ミズナラ樽で8年以上熟成させたウイスキーです。「ダブルエイジ製法」によってなめらかな味わいに仕上がっています。

また、伝統あるスコッチウイスキーと日本文化が融合した、オリジナリティがあるラベ
ルのデザインも魅力的です。

メーカーサッポロビール(SAPPORO)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間8年

スコットランド西岸沖・アイラ島にあるボウモア蒸溜所で造られたモルトウイスキーです。海に面する地域の特性上、潮の香りをほのかに楽しめます。

個性的でありながらスッキリしたあと味も特徴的です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類シングルモルトウイスキー
度数40%
熟成期間12年

アイリッシュウイスキーのおすすめ8選

クセが少なく、飲みやすいウイスキーを探している方にはアイリッシュウイスキーが向いています。ここでは、楽天市場からアイリッシュウイスキーのおすすめ商品をご紹介します。

ピートを使用せずに造られており、スムーズな味わいが楽しめるウイスキーです。3回蒸留を繰り返すことで、なめらかな味わいを実現しています。

味わいを追求するため、蒸留所の樽には「起こさないでください」という札を掲げて、3
年以上寝かせているそうです。

メーカーペルノ・リカール・ジャパン(PernodRicard Japan)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

4年・6年・8年と、複数の熟成年数のモルト原酒をブレンドして造られたウイスキーです。スムーズな口当たりでありながら、スモーキーさもよく感じられます。

アイリッシュウイスキーでは、現在唯一ピートを焚いて造られる商品です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類シングルモルトウイスキー
度数40%
熟成期間-

伝統の3回蒸留をしたのちに、10年以上熟成して造られたアイリッシュウイスキーです。ノンピートの麦芽のみで作られており、未発芽の麦は使用していません。

フルーティーさとスパイシーさが感じられる香りで、はちみつを思わせる甘い味わいに
仕上がっています。

メーカーアサヒビール(Asahi)
種類シングルモルトウイスキー
度数40%
熟成期間10年以上

2016年と比較的近年、操業をスタートさせたロイヤルオーク蒸溜所で、3種類の樽を使用して造られています。

アイリッシュのトロピカルフルーツフレーバーと、甘くとろみのある飲み口が楽しめるウ
イスキーです。

メーカーロイヤルオーク蒸留所
種類-
度数40%
熟成期間-

アイリッシュウイスキーの中でも有名なブランドの商品で、専門家からも高い評価を受けています。

大麦を原料として造られており、穏やかな風味が感じられます。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間12年

豊かさと複雑さのバランスが整っており、「ウイスキー通」から支持を得ているウイスキーです。スパイシーでありながらクリーミー、さらにフルーティーさも感じられる味わいに仕上がっています。

スパイシーかつフルーティーな香りで、長い余韻が楽しめます。

メーカーペルノ・リカール・ジャパン(PernodRicard Japan)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間12年

3回蒸留を行い、黒焦げの樽で熟成することで、なめらかかつ芳醇な口当たりを実現したウイスキーです。

トフィーファッジ、胡椒の香味、ネクタリンやアプリコット、完熟りんごなどフルーツ
の、豊かな香りが特徴的です。

香ばしさに甘さが交わった味わいで、芳醇な余韻が楽しめます。

メーカーペルノ・リカール・ジャパン(Pernod Ricard Japan)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

アイルランドにある独立瓶詰業者が手掛ける商品です。

シェリーワイン樽やポートワイン樽など、5種類の樽を使って熟成しています。メロンやレモンを思わせるフルーティーな香りで、バランスが整った味わいも魅力です。

メーカーティーリング(TEELING)
種類シングルモルトウイスキー
度数46%
熟成期間-

アメリカンウイスキーのおすすめ7選

バリエーションが豊富な穀物で造られたウイスキーが飲みたい方は、アメリカンウイスキーがおすすめです。ここでは、楽天市場からアメリカンウイスキーのおすすめ商品をご紹介します。

ジムビームのラインナップの中でも、最もベーシックな種類のウイスキーです。主原料がコーンであるため、香ばしさを感じる口当たりに仕上がっています。

甘い香りが広がり、初心者でも飲みやすいあと味です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類-
度数40%
熟成期間2年以上

ワイルドターキーのラインナップの中でも代表的な存在のウイスキーとなります。アルコール度数が約50%と高めでありながらも、甘さとコクのバランスが整った口当たりです。

焦がしたオーク樽から得られる琥珀色は「クロコダイルスキン」と呼ばれています。

メーカーオースティン・ニコルズ社
種類ブレンデッドウイスキー
度数50.50%
熟成期間8年

100年以上前から続くテネシーウイスキーの製法で造られたウイスキーです。バニラやキャラメルを感じる香りをまとい、バランスの良い口当たりに仕上がっています。

「アメリカを代表するプレミアムウイスキー」と評されます。

メーカーアサヒビール(Asahi)
種類-
度数40%
熟成期間-

パッケージのセンターにあしらわれた薔薇のイラストが目を引くウイスキーです。果実・花のフレーバーが強く、スパイスさも感じられます。

10種類の原酒をブレンドして造られており、なめらかですっきりした味わいです。

メーカーキリン(KIRIN)
種類-
度数40%
熟成期間-

ケンタッキーの蒸溜所で造られたクラフトウイスキーです。ひと目見たら忘れられないほど印象的な、赤い封蝋がボトルに施されているのが特徴です。

原料に冬小麦を使うことで、まろやかさとしなやかさを兼ね備えた飲み口になっています。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類バーボンウイスキー
度数45%
熟成期間-

フォアローゼズの中でも最上級品である「スーパープレミアム」に位置する商品です。長時間熟成させた原酒のみで造られており、日本限定で販売されています。

樽香・甘い香りが印象的で、とろける余韻が感じられます。

メーカーキリン(KIRIN)
種類バーボンウイスキー
度数43%
熟成期間-

ワイルドターキー蒸留所にて、厳選された樽の原酒を用いて造られた長期熟成のウイスキーです。1990年代に親しまれたものの終売となっていた当商品ですが、日本を皮切りに復活しました。

「アリゲーターチャー」と呼ばれる内側を焦がした樽を用いることで、スパイシーでエレガンスな味わいになっています。

メーカーオースティン・ニコルズ社
種類バーボンウイスキー
度数50.5%
熟成期間12年

ジャパニーズウイスキーのおすすめ9選

料理に合わせるなど、様々なシチュエーションでウイスキーを楽しみたい方には、ジャパニーズウイスキーがおすすめです。ここでは、楽天市場からジャパニーズウイスキーのおすすめ商品をご紹介します。

ウイスキーに慣れていない方でも飲みやすい味わいを目指して生み出されたウイスキーです。ノンピートモルトを使用し、クセが少なく、すっきりとクリアな味わいに仕上がっています。

ピート香が苦手な方でも飲みやすい口当たりのため、初心者でも挑戦しやすいウイスキーです。

メーカーニッカウヰスキー
種類ブレンデッドウイスキー
度数37%
熟成期間-

サントリーが「軽やかな風」をイメージして造ったシングルグレーンウイスキーです。連続式蒸溜機によるグレーン原酒の造り分け、複数の貯蔵樽によるグレーン原酒の造り分けを行っています。

バランスの取れたすっきりした味わいは、料理との相性もぴったりです。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類グレーンウイスキー
度数43%
熟成期間-

モルト原酒のみを使用してゆっくり熟成させた、ジャパニーズウイスキーの代表格となります。

柿・桃などの果実を感じる香り、甘く重厚な味わいと、複雑ながらも深みのある飲み口です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類シングルモルトウイスキー
度数43%
熟成期間12年

「日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集したウイスキー」をコンセントに造られた、バランスが整ったジャパニーズウイスキーとなります。24面カットの高級感あるボトルデザインも魅力的です。

花や果実、樽の香りが感じられ、口の中でやわらかな味わいが広がります。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数43%
熟成期間-

澄み切った空気と豊かな自然が広がる「森の蒸溜所」で造られたシングルモルトウイスキーです。厳選されたモルトを使用しており、爽やかでキレがある飲み口に仕上がっています。

森の若葉を感じるフレッシュな香りも特徴です。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類シングルモルトウイスキー
度数43%
熟成期間-

1937年に誕生し、長きに渡って愛されるロングセラー商品です。瓶に施された亀甲模様からは、「日本らしさ」が感じられます。

コクがありドライな飲み口で、ハイボールとして飲むのもおすすめです。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

厳選された様々な酒齢の原酒に、ワイン樽後熟原酒を加えて造られたウイスキーとなります。野いちごや白桃といった果実のほか、クレームブリュレを思わせる香りが印象的です。

奥深い甘さに少しの苦みも感じられます。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数43%
熟成期間-

宮城県・仙台市で醸造されたシングルモルトジャパニーズウイスキーです。なめらかでやわらかな味わいで、さわやかな余韻が楽しめます。

ロックや水割りで飲むとスムーズな口当たり、ハイボールにすればキレのある飲み心地が感じられます。

メーカーアサヒビール(Asahi)
種類シングルモルトウイスキー
度数45%
熟成期間-

明るいゴールドの色味が印象的なウイスキーです。

レモンピール・オレンジピールのような、柑橘系の果物をイメージする爽やかな香りで、奥深さとコクのある味わいが感じられます。

メーカーベンチャーウィスキー(Venture whisky)
種類ブレンデッドウイスキー
度数46%
熟成期間-

カナディアンウイスキーのおすすめ4選

カラメル風味のマイルドな飲み口のウイスキーを堪能したい方は、カナディアンウイスキーが向いています。ここでは、楽天市場からカナディアンウイスキーのおすすめ商品をご紹介します。

カナディアンウイスキーの中でも有名な当商品は、多くの国で「C.C.」の相性で親しまれています。キャラメルのような甘さに加えてスパイスの香り、スムーズでバランスが整った口当たりです。

ハイボールにして飲むと、甘い香りやすっきりした味わいが楽しめます。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

個性的なフォルムと王冠があしらわれたパッケージデザインが印象的なウイスキーです。1939年にイギリス国王への献上品として誕生した歴史があります。

アルコール度数は40度と標準的で、芳醇かつエレガントな香りが特徴です。

メーカーザ クラウン ローヤル ディスティリング社
種類-
度数40%
熟成期間-

カナディアンミスト蒸溜所にて、3回の蒸溜とホワイトオーク樽での熟成を経て造られるウイスキーです。主にライ麦を原料として造られており、軽い飲み口ですっきりした味わいに仕上がっています。

ロック・ストレート・ソーダ割など、幅広い飲み方で楽しめます。

メーカーアサヒビール(Asahi)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間-

150か国以上で「C.C.」として親しまれる商品を、日本向けに設計した日本限定ウイスキーです。オーク樽でじっくり熟成し、スムーズかつしっかりしたボディを実現しています。

水やソーダで割って、料理と合わせて楽しめます。

メーカーサントリー(SUNTORY)
種類ブレンデッドウイスキー
度数40%
熟成期間8年以上

ウイスキーのおいしい飲み方|ロックや水割りなどで楽しもう

ウイスキーのおいしい飲み方|ロックや水割りなどで楽しもう

ウイスキーは飲み方によって、幅広い楽しみ方ができるお酒です。

飲み方の種類はいくつもありますが、ここでは代表的な4つの方法についてご紹介します。

飲み方作り方
ロック大きめの氷が入ったグラスにウイスキーを注ぎ、軽くかき混ぜる
水割り氷が入ったグラスにウイスキーを注ぎ、ウイスキー量に対して2~2.5倍ほどの水を加える
ストレートグラスにウイスキーを注ぎ、何も加えずそのまま飲む
ハイボール氷が入ったグラスにウイスキーを注ぎ、炭酸水(ソーダ)を入れて飲む

ロックにして飲む時は、溶けにくく大きな氷を準備して、グラスは冷えたものを使いましょう。ウイスキーに慣れておらず「ロックで飲むのが大変」と感じる時には、水や牛乳などをチェイサーとして用意する方法もあります。

水割りは、水を入れる量でアルコール度数を調整できるため、ご自身好みの1杯に仕上げやすいところが魅力です。水で割ると飲みやすくなるので食事と一緒にも楽しめます。

ストレートはウイスキーの風味をダイレクトに味わえる飲み方で、チェイサーと交互に飲むのが一般的です。

ハイボールは昭和の頃に流行した飲み方ですが、近年、再ブームが起こって「定番の飲み方」として定着しています。飲みやすくなるため初心者にも最適ですが、勢いよく混ぜると炭酸が抜けてしまうので、混ぜすぎないよう注意してください。

なお、ハイボールを作る際には炭酸水が必須となりますが、ご家庭でハイボールを楽しむなら「炭酸水メーカー」の活用がおすすめです。炭酸水メーカーを使えば、いつでも気軽にご家庭でハイボールが楽しめます。

炭酸水メーカーについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

お好みの飲み方に、ミントやローズマリー、タイムなどのハーブ類を入れると、すっきりとした風味が楽しめますよ。また、梅酒作りは一般的にホワイトリカーを使いますが、ウイスキーで漬け込んでも格別な美味しさです。

まとめ

まとめ

ウイスキーは、原料をはじめとした複数の要素によって味わいや香りが変わってきます。産地やピート香、アルコール度数などをチェックして、ご自身に合ったウイスキーを選びましょう。

しかし、ウイスキーは種類が豊富なので、特に初心者の場合にはどの商品を選ぶか迷ってしまいやすいです。そんな時には、楽天市場のランキングの活用をおすすめします!

楽天市場のランキングでは、様々な条件でウイスキーを絞り込んだり、実際に購入した方のリアルな感想をチェックできたりする商品もあるので、初心者の方でもご自身に合ったウイスキーを探せるはずです。

ウイスキー選びに迷うなら、ぜひ一度楽天市場のランキングをチェックしてみてくださいね。

福光佳奈子

福光佳奈子

漬け込み酒マイスター・EC サイト「イエノミライフ」運営

楽天市場には、美味しいウイスキーがそろっています。ウイスキー初心者の方や、いつも缶のハイボールを飲む方は、まずはリーズナブルなものから挑戦されてもよいでしょう。ぜひ楽しんでウイスキーを選んでくださいね。

※本記事は楽天市場が作成しています。