Rakuten
美容・コスメ・香水
2024.06.04

【楽天市場】BBクリームおすすめ23選|20代から50代まで年代別に紹介【人気ランキング付】

BBクリームおすすめ23選|20代から50代まで年代別に紹介【人気ランキング付】

紫外線や加齢、肌質の影響によるシミやくすみ、毛穴など、多くの方は肌に悩みを抱えているのではないでしょうか。

ファンデーションなどでメイクをしても気になってしまう…という方は、BBクリームを試してみてはいかがでしょうか?

名前は聞いたことがあるけど、ファンデーションと何が違うの?という方や、BBクリームが自分に合うかどうか分からないという方のために、今回、BBクリームを使っている方195名にアンケートを実施しました。

アンケートでは、お答えいただいた方の肌質や肌悩みを調査するとともに、BBクリームを選ぶ際に重要視するポイントや、実際に使ってみてよかった商品についてもお聞きしました。

  1. BBクリームとは?CCクリームとの違いについても解説
  2. BBクリームとCCクリーム、リキッド&クリームファンデの違い
  3. BBクリームの選び方
  4. BBクリームと肌について調査しました
  5. 肌質と肌悩みについて年代別に調査
  6. BBクリームを選ぶのに重要視するポイントついて年代別に調査
  7. BBクリームおすすめ人気ランキングTOP10|アンケート結果をもとに紹介
  8. BBクリームおすすめ13選|年代別に紹介
  9. BBクリームおすすめ3選【20代】
  10. BBクリームおすすめ3選【30代】
  11. BBクリームおすすめ3選【40代・50代】
  12. BBクリームおすすめ4選【編集部が厳選】
  13. BBクリームをきれいに仕上げるコツ
  14. BBクリームを塗る前
  15. BBクリームを塗った後
  16. おすすめのBBクリームを比較する
  17. まとめ

BBクリームとは?CCクリームとの違いについても解説

BBクリームとは、Blemish Balm(ブレミッシュバーム)やBeauty Balm(ビューティバーム)の略で、Blemishとは、傷という意味があります。

BBクリームには、肌の傷や欠点を隠してくれる役割があり、カバー力が高いのが特徴。

機能としては、下地・コンシーラー・ファンデーションが一体型になっています。製品によっては日焼け止めや美容液などの効果があるものもあり、BBクリームだけでスキンケアやベースメイクができてしてしまう、便利なアイテムです。

BBクリームとCCクリーム、リキッド&クリームファンデの違い

ファンデーションには、リキッドタイプやクリームタイプ、さらにBBクリームやCCクリームなど、一見似ていて、どれも同じに見えてしまいますが、用途や特徴などが微妙に異なります。

それぞれ、どんな違いがあるかご紹介します。

  • BBクリーム
    化粧下地・コンシーラー・ファンデーションが一緒になっているもの。カバー力が高いのが特徴です。

  • CCクリーム
    化粧下地・コントロールカラーが一緒になっているもの。肌色の補正力が高いのが特徴で、ナチュラルに仕上がります。

  • リキッドファンデーション
    油分を多く含んだ液状のファンデーションで、下地機能は含まれていません。

  • クリームファンデーション
    リキッドタイプよりも油分が多めな、こってりとしたテクスチャーのファンデーション。下地機能は含まれていません。

あわせてCCクリーム、コンシーラー、コントロールカラーの記事も!それぞれ選び方やおすすめ商品を紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

CCクリームおすすめ18選|特徴別にランキング【気になるBBクリームとの違いも解説】__mono_id__13719800013393
CCクリームおすすめ18選|特徴別に紹介【気になるBBクリームとの違いも解説】
コンシーラーおすすめ21選|シミやクマなど肌悩み別に紹介!【2022年最新】__mono_id__23257800010254
コンシーラーおすすめ21選|シミやクマなど肌悩み別に紹介!
コントロールカラーおすすめ18選|プチプラからデパコスまでランキングで紹介__mono_id__80497400013771
コントロールカラーおすすめ18選|プチプラからデパコスまでランキングで紹介

BBクリームの選び方

使い勝手の良さから、たくさんの商品が販売されているBBクリーム。

自分にぴったりのBBクリームを選ぶために、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

  1. 肌質で選ぶ
    BBクリームは顔全体に塗るメイク用品なので、自分の肌質に合っているかを選ぶのはとても大事です。

    乾燥肌の方は保湿効果が高いタイプ、敏感肌の方は添加物などがあまり含まれていない肌にやさしいタイプ、オイリー肌の方には皮脂に強いタイプなどを選ぶのがおすすめです。
  2. 肌色に合わせて選ぶ
    ファンデーションと同じように、自分の肌の色より明るすぎたり暗すぎたりすると顔だけが浮いて見えてしまうので、肌色に近い色味のBBクリームを選んでみてください。
  3. 機能で選ぶ
    BBクリームは、基本的に下地・コンシーラー・ファンデーションの役割を果たしてくれますが、UV機能が付いていたり、乳液やクリームの機能も含まれている商品も販売されています。

    使うシーンや季節によって、それらの機能をチェックして選んでみてください。

BBクリームと肌について調査しました

実際にBBクリームを使用している方は、どんな肌質でどんな肌悩みを抱えている方が多いのか、20代から50代の195名の方に、ご自身の肌質と肌悩みについてアンケート調査をおこないました。

また、BBクリームを選ぶ際に重要視しているポイントについてもお聞きしました。

肌質と肌悩みについて年代別に調査

BBクリーム肌質調査のグラフ

各年代によって、パーセンテージの差はあるものの、どの年代も一番多い肌質は「混合肌」、続いて「乾燥肌」の方が多いようです。

混合肌は肌の部分によって「乾燥」していたり、「オイリー」だったりする肌質なので、2位の乾燥肌の方も含めると、肌が乾燥している方が多いということが分かりました。

BBクリーム肌の悩み調査グラフ

そして、肌の悩みで1番多くあげられたのは、20代・30代が「毛穴」で、40・50代は「シミ」でした。「毛穴」や「シミ」は、BBクリームのカバー力に頼りたくなるお悩みですね。

次いで2位は20代だと「乾燥」、30代だと「乾燥」と「くすみ」が同率、40・50代は「くすみ」でした。

30代と40・50代であがった「くすみ」も、BBクリームの効果に期待ができるお悩みという結果になりました。

BBクリームを選ぶのに重要視するポイントついて年代別に調査

続いて、BBクリームを購入する際に重要視するポイントも聞いてみました。

BBクリームを選ぶポイント調査のグラフ

どの年代も方も、BBクリームに求めるのは「カバー力」という結果になりました。

次いで、「使い心地」や「保湿力」が続いています。

みなさん、BBクリームの特徴とご自身の肌質に合わせて、きちんと商品を選んでいるようです。

BBクリームおすすめ人気ランキングTOP10|アンケート結果をもとに紹介

ここからは、アンケートにお答えいただいた195名の方から人気の高かったBBクリームをランキングでご紹介します。

商品名%
ちふれ BBクリーム
9.2%
サナ 毛穴パテ職人 ミネラルBBクリーム
6.1%
コーセー 雪肌精 ホワイトBBクリーム
5.6%
セザンヌ BBクリーム5.1%
カネボウ化粧品 ケイト ウォーターインオイルBB
4.6%
花王 キュレルBBクリーム4.1%
ドクターシーラボ BBクリーム エンリッチリフト4.1%
DHC 薬用BBクリーム GE2.6%
ミシャ BBクリームUV2.6%
ランコム UVエクスベールBB2.6%

以下、ランキング順に商品の説明と口コミをご紹介します。

BBクリームおすすめ13選|年代別に紹介

ここからは、総合ランキングでTOP10には入らなかったものの、20代、30代、40・50代と年代別におすすめの声があった商品をご紹介していきます。

BBクリームおすすめ3選【20代】

まずご紹介するのは、20代の方から選ばれていたおすすめのBBクリーム3選です。

BBクリームおすすめ3選【30代】

次に、肌質や肌悩みが20代のときとは少し変わってくる、30代の方におすすめしたいBBクリームをご紹介します。

BBクリームおすすめ3選【40代・50代】

最後に、エイジングを重ねてきた40代・50代の35名の方におすすめしたいBBクリームをご紹介します。

BBクリームおすすめ4選【編集部が厳選】

ここからは、編集部が厳選したおすすめのBBクリームを4商品紹介します。

BBクリームをきれいに仕上げるコツ

1本で何役もこなしてくれるBBクリームはメイクの時短にもなりますが、きれいに仕上げるためには、ちょっとした一手間をかけてあげるのがポイント。

BBクリームを塗る前と後にやっておきたい、美肌に仕上げるコツをご紹介します。

BBクリームを塗る前

BBクリームを肌に塗る前は、保湿をしっかりしましょう。肌悩みでも上位にあがっていた乾燥は、メイク崩れの原因にもなりますので、化粧水などでしっかり保湿することが大切です。

乳液やクリームなどの機能が付いているBBクリームは、化粧水のあとにBBクリームを塗っていきます。それらの機能がないものは、化粧水で補ったうるおいに乳液やクリームでフタをしてから、BBクリームを使用してください。

BBクリームを塗った後

仕上がりの好みによって、BBクリームを塗ってベースメイクを終了させてもいいのですが、上からフェイスパウダーをのせるのもおすすめ。

フェイスパウダーを使うことによって、メイク崩れを防ぎ、Tゾーンなどのテカリも抑えてくれます。

おすすめのBBクリームを比較する

まとめ

BBクリームの魅力は、なんといってもカバー力が高くて1本でいくつもの機能を兼ね備えているところ。

ただでさえ時間がなくて慌ただしい朝は、これ1本でベースメイクが完了するのは嬉しいポイントですよね。

美白効果があるものや環境ストレスからも肌を守ってくれる機能までついている商品もあるなど、BBクリームの進化も目を見張るものがあります。

今までBBクリームを使ったことがない方も、ぜひ購入を検討してみてください。

※編集部「肌質、肌の悩みとBBクリーム」に関する調査(2019年6月実施)
※クラウドソーシングサイト・CrowdWorksにて、BBクリームを使ったことがある方向けにアンケートを実施。有効な回答を得られた20代〜50代の男女195人の意見をもとに記事を作成。

※アンケート詳細
・BBクリームを使ったことがある方が対象
・肌質、肌の悩み、BBクリームを選ぶ際に重要視するポイント、おすすめまたはお気に入りのBBクリームとその商品のカバー力の高さ、選んだ理由、使用感

powered by モノレコ