Rakuten
美容・コスメ・香水
2024.06.11

【楽天市場】プチプラクレンジングおすすめ53選|ドラッグストアなど市販でも買えてコスパ抜群!

プチプラクレンジングおすすめ53選|ドラッグストアなど市販でも買えてコスパ抜群!

プチプラクレンジングはたっぷり惜しみなく使え、気に入ったらずっと続けられる価格の安さが魅力。ドラッグストアで買えるものも多いので、新しいアイテムを使ってみたいときにも、手軽に試しやすいですよね。

でもいざ買いにいくと、たくさんのメーカーのさまざまな種類の商品がずらりと並んでいて、自分に合うのがどれか分からない…、そんな方も少なくないのでは?

そこで今回は、500円前後で買えるプチプラなクレンジングを厳選!高くても2,000円以下で手に入る商品を厳選して53商品紹介します。

ドラッグストアなど市販でよく目にする人気商品や定番商品から知る人ぞ知る商品まで幅広くセレクトしました!

プチプラクレンジング初心者の方も、自分に合うプチプラクレンジングが見つからずお悩みの方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. プチプラクレンジングの選び方
  2. プチプラの人気ブランドで選ぶ
  3. テクスチャーのタイプで選ぶ
  4. 乾燥肌やニキビ肌など、肌のお悩みから選ぶ
  5. 使いやすさで選ぶ
  6. プチプラクレンジングおすすめ53選|テクスチャー別に紹介!
  7. プチプラクレンジングおすすめ2選【バーム】
  8. プチプラクレンジングおすすめ6選【オイル】
  9. プチプラクレンジングおすすめ7選【ジェル】
  10. プチプラクレンジングおすすめ8選【クリーム】
  11. プチプラクレンジングおすすめ5選【ミルク】
  12. プチプラクレンジングおすすめ7選【ウォーター(ローション)】
  13. プチプラクレンジングおすすめ6選【リキッド】
  14. プチプラクレンジングおすすめ8選【フォーム】
  15. プチプラクレンジングおすすめ3選【シート】
  16. プチプラクレンジングおすすめ【タオル】
  17. まとめ

プチプラクレンジングの選び方

いろいろなクレンジングが置かれている画像

ひとくちにクレンジングといってもたくさんの種類があり、どれが自分の肌や好みに合うかわかりません。

ここからは、「ブランド」「テクスチャーのタイプ」「肌のお悩み」「使いやすさ」といった視点からプチプラクレンジングの選び方を紹介。あなたにぴったりなのはどんなタイプか、絞り込んでいきましょう!

プチプラの人気ブランドで選ぶ

プチプラなクレンジングが欲しいけれどどう選べばよいか迷ってしまう…という方は、まずブランドから選んでみるのがおすすめです。

ここでは、プチプラコスメブランドを紹介します。

ブランド
無印良品
FANCL(ファンケル)
アテニア
Biore(ビオレ)
ink.(インク


リーズナブルな価格設定でありながら、上質かつ統一感のある商品展開で幅広い世代から人気の「無印良品」や、マイルドクレンジングで有名なブランドの「FANCL(ファンケル)」は、すでに知っている方も多いかもしれません。

他にも、オイルクレンジングが話題の「アテニア」、ドラッグストアなどで誰でも気軽に買えることから人気の「Biore(ビオレ)」、さまざまな香りのクレンジングバームを展開する「ink.(インク)」など、ブランドによって特徴が異なるため、 ぜひ気になるブランドを選んでみてください。

テクスチャーのタイプで選ぶ

いろいろなテクスチャーのクレンジングが並んでいる画像

クレンジングはテクスチャーの種類によって、洗浄力や合う肌のタイプ、使いやすさが異なります。

ここからは、「バーム」「オイル」「ジェル」「クリーム」「ミルク」「ウォーター(ローション)」「リキッド」「フォーム」「シート」「タオル」の主な10種類について、その特徴を紹介。

クレンジングバーム

バームタイプのクレンジングは、はじめは半固形のテクスチャーで、肌になじませるうちにだんだん体温で溶けてオイルへと変化するのが特徴。洗浄力は高めでしっかりメイクも落とせます。

洗いあがりはしっとりしていて、乾燥しにくいものが多い傾向があります。

こんな方におすすめ
  • しっかりメイクの方
  • 乾燥肌の方
  • 敏感肌の方

クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジングは、とろみのあるテクスチャーで、油分でメイクを浮かせて落とします。

洗浄力が高くしっかりメイクも手早く落とせるものが多いのが特徴です。一方、肌に必要な油分も一緒に落としてしまい、クレンジング後につっぱりを感じたり、乾燥肌の原因になってしまう場合も。

なるべく肌との摩擦が起こらないよう、やさしくなでるようになじませて使いましょう。

こんな方におすすめ
  • しっかりメイクの方
  • 手早くメイクを落としたい方

クレンジングジェル

ジェルタイプのクレンジングは、肌なじみのよいみずみずしいテクスチャーが特徴。ジェルの弾力で肌との摩擦が軽減され、少ない刺激でクレンジングできます。

ジェルタイプには「水性タイプ」と「油性タイプ」の大きく分けて2種類あり、「油性タイプ」の方が洗浄力は高め。比較的しっかりめなメイクにもおすすめです。

「水性タイプ」には、さらに「オイルフリー」と「オイルイン」の2種類あります。

「水性タイプのオイルフリー」はオイル成分が含まれていないため、洗浄力は少し弱め。ナチュラルメイクな方におすすめです。

「水性タイプのオイルイン」は市販のクレンジングジェルで最も多いタイプで、洗浄力は「油性タイプ」と「水性タイプのオイルフリー」の中間になります。さっぱりとした洗い上がりがお好みの方におすすめです。

こんな方におすすめ
  • しっかりメイクの方(油性タイプ)
  • 乾燥肌の方(油性タイプ)
  • まつげエクステをしている方(水性タイプオイルフリー)
  • ナチュラルメイクの方(水性タイプオイルイン)
  • 脂性肌の方(水性タイプオイルイン)

クレンジングクリーム

クリームタイプのクレンジングは、肌への摩擦が起こりにくいこってりと濃厚なテクスチャーが特徴。

ジェルタイプと同様に油分と水分が適度に配合されているので、必要な油分や水分を残したままクレンジングできます。肌にやさしく、しっとりとした洗いあがりです。

マッサージクリームとして使えるものもあり、ゆっくりマッサージしながらていねいにクレンジングしたい方に最適です。

こんな方におすすめ
  • ナチュラルメイクの方
  • 乾燥肌の方
  • 混合肌の方

クレンジングミルク

クリームタイプよりも水分が多く、乳液のようなテクスチャーなのがミルクタイプの特徴。

油分の配合量が少ないため洗浄力は弱めですが、その分やさしくクレンジングできます。洗いあがりのつっぱり感が気になる敏感肌の方も使いやすいタイプです。

こんな方におすすめ
  • ナチュラルメイクの方
  • 乾燥肌の方
  • 敏感肌の方

クレンジングウォーター(ローション)

ウォーター(ローション)タイプは、さらさらと水のようなテクスチャーのクレンジング。コットンに染み込ませてメイクを拭き取るタイプが多く、その手軽さが魅力です。

オイル成分は配合されていないか少量しか入っておらず、「界面活性剤」を多めに配合することでメイクなどを落とします。液体の成分自体に高い洗浄力はないですが、コットンに染み込ませて拭き取ることでしっかりメイクまで落とす洗浄力に変わります。

多くはさっぱりとした使用感で、テカリが気になる方にもおすすめです。
ただし、拭き取るときの摩擦により肌に負担をかけてしまいやすく、乾燥肌や敏感肌の方は使い方に注意が必要です。

こんな方におすすめ
  • しっかりメイクの方
  • まつげエクステをしている方
  • 脂性肌の方

クレンジングリキッド

リキッドタイプのクレンジングは、一般的に水分をベースにつくられたクレンジング。ウォータータイプと同様にオイル成分を配合していないものや低配合なものが多いため、まつげエクステにも使えるものが多いのが特徴です。

テクスチャーはサラサラとしていて、使用感はさっぱりしています。しかし洗浄力は高めなので、濃いめのメイクの方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • まつげエクステをしている方
  • しっかりメイクの方

クレンジングフォーム

フォームタイプは泡でメイクなどを落とすクレンジング。手のひらで自分で泡だてるチューブタイプと、泡で出てくるプッシュ式のボトルタイプがあります。

いずれも泡がクッションのような役割となって、クレンジングの際に指と肌とが摩擦してしまうのを防いでくれます。また、泡は肌の上にとどまりやすく、顔全体に均一に広げやすいというメリットも。美容成分を配合したものなら肌のうるおいも逃しません。

肌にしっかりと密着してメイクや汚れを落とす濃密タイプや、泡切れのよいふわふわでゆるめのタイプなど、泡の種類も商品によっていろいろ。目的やお好みに合わせて選びましょう。

こんな方におすすめ
  • 敏感肌など肌の弱い方
  • 使いやすさを求める方

クレンジングシート

あらかじめコットンなどのシートにクレンジング剤を染み込ませたタイプ。ぱっと取り出して拭くだけでメイクが落とせるので、疲れていてメイクを落とすのが面倒なときや旅先へ持っていくときにも便利です。

その一方で、こすることで摩擦が起きるので肌への負担は大きめ。クレンジングに肌へのやさしさを重視する方は、使い方や使う頻度に注意しましょう。

こんなときにおすすめ
  • 顔を洗うのも面倒に感じるとき
  • 旅行など、外出先で使用するとき

クレンジングタオル

タオルタイプは、水やお湯に濡らして肌をやさしく擦るだけで簡単にクレンジングができる、クレンジング剤を使わない新しいタイプのクレンジング。

その仕組みは、特殊な繊維で織ることにより、落としにくい部分のメイクや汚れをからめとってくれるんだそう。ベースメイクはもちろん、マスカラやリップまでこれひとつで落とせます。
使ったあとは洗濯して繰り返し何度でも使えるから、経済的でエコなのもうれしいポイント。

クレンジング剤いらずなので、配合成分の刺激を受けやすい敏感肌の方にもおすすめです。しかし、クレンジング剤を使わない分メイクなどが落ちにくいという声も。ハードメイクな方には向いていないかもしれません。

こんな方におすすめ
  • 敏感肌の方に
  • ナチュラルメイクの方に
  • コストを抑えたい方に

乾燥肌やニキビ肌など、肌のお悩みから選ぶ

いろいろな種類のクレンジングと葉っぱなどがランダムに置かれている画像

メイクのたびに使うクレンジングだからこそ、肌のお悩みに合ったものを選びたいですよね。

ここからは、乾燥肌、敏感肌、毛穴や角質が気になる肌、ニキビ肌といった代表的な悩みに合わせたクレンジングの選び方を紹介します。

乾燥や毛穴の開きが気になる方

乾燥や毛穴の開きが気になる方は、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分入りのものがおすすめ。

肌にうるおいを与える保湿成分を配合したクレンジングは、乾燥によるカサつきや毛穴の開きをケアしてくれます。心当たりのある方は、こういった保湿成分入りのクレンジングを意識して選んでみましょう。


肌が敏感な方

敏感肌におすすめの成分は、BG(ブチレングリコール)、グリセリン(水系成分)、スクワランコメヌカ油(オイル系)、グリチルレチン酸ステアリル(肌荒れ防止)

また、 界面活性剤非イオン系を選ぶと良いでしょう。たとえば、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルやイソステアリン酸PEG-3グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PPG-14ジグリセリルなどが配合されているものがおすすめです。

成分表をチェックして、これらの成分が配合されたものを選んでみてください。

毛穴の黒ずみや詰まり、古い角質によるくすみが気になる方

落としきれなかったメイク汚れが、毛穴詰まりや黒ずみや古い角質によるくすみの原因になることも。これらが気になる方は、毎日きちんとメイクを落とすことがとても大切です。

特におすすめなのは、油分の少ないもの。ジェルタイプやリキッドタイプ、フォームタイプが最適です。肌の油分は取りすぎず、メイクはしっかりと落としてくれるものを選びましょう。

ニキビ肌の方

ニキビができやすい人は、洗い残したメイクが酸化してニキビを悪化させてしまうこともあるため、クレンジング選びはとても重要。

ニキビ肌におすすめの成分は、敏感肌と同じく、刺激が少なく肌を傷つけにくい非イオン系界面活性剤です。

一方、毛穴の詰まりや黒ずみと同様、油分(オイル)が多いものは、ニキビを新たにつくったり悪化させたりする可能性があるので注意してください。

ニキビ肌に適したクレンジングでメイクや汚れをしっかりと落として、清潔に保ちましょう。

使いやすさで選ぶ

かごの中に入っているクレンジングとタオル、ヘアバンドの画像

毎日のように使い続けるクレンジングは使いやすさも注目して選びたいところ。自分のライフスタイルに合うクレンジングを選んで、より快適にクレンジングしましょう。

「W洗顔不要」なら肌にやさしく時短にも

一般的にクレンジングはメイクや汚れを落とすもので、洗顔をするものではありません。そのため一般的には、クレンジングのあとに洗顔をする必要があります。

しかし最近では、1本で洗顔までできるW洗顔不要のクレンジングが増えてきています。

W洗顔不要のクレンジングのメリットは、こすることによる肌への摩擦を抑えられること。また、面倒なクレンジングと洗顔が1度で終わり、お手入れがラクなのもうれしいポイントです。

できるだけ肌に負担をかけたくない方や忙しい方は、W洗顔不要のクレンジングがおすすめ。

「まつげエクステにも使える」をしっかりチェック

まつげエクステにはグルーという接着剤が使われていますが、このグルーは油分に弱いものが少なくありません。、

誤ってまつげエクステに対応できないクレンジングを選んでしまうと、グルーが剥がれてまつげエクステが取れてしまう恐れがあります。

まつげエクステをしている方は、パッケージに「まつげエクステにも使える」などと記載された商品を選ぶようにしましょう。

「濡れた手でもOK」ならお風呂でも使えて◎

クレンジングには、乾いた手でしか使えないものと濡れた手でも使えるものがあります。お風呂に入りながらメイクを落としたいときには、「濡れた手でもOK」と記載されたクレンジングを選ぶのがおすすめ。

もちろん乾いた手でも使えるので、使う場面に合わせてどちらも使えて便利です。

プチプラクレンジングおすすめ53選|テクスチャー別に紹介!

ここからはおすすめのプチプラクレンジングを「バーム」「オイル」「ジェル」「クリーム」「ミルク」「ウォーター(ローション)」「リキッド」「フォーム」とテクスチャー別に紹介していきます。

「まつげエクステ」「濡れた手」「W洗顔」といった使いやすさのポイントや「香り」についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

プチプラクレンジングおすすめ2選【バーム】

まずは、クレンジングバームから紹介します。肌への摩擦が抑えながらしっかりとメイクを落とせるバームタイプは、しっかりメイクの方や乾燥肌、敏感肌の方におすすめ。ぜひチェックしてくださいね!

まつげエクステ濡れた手W洗顔香り
不要
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

×
不要ローズの香り

プチプラクレンジングおすすめ6選【オイル】

続いて、クレンジングオイルを紹介します。洗浄力が高い商品の多いので、しっかりメイクの方や手早くメイクを落としたい方はぜひ参考にしてください!

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
不明無香料
まつげエクステ濡れた手W洗顔香り

不要青りんごのような香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

必要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×

不要フルーツの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

必要シトラスグリーンフローラルの香り

プチプラクレンジングおすすめ7選【ジェル】

続いてクレンジングジェルを紹介します。ジェルタイプには「油性タイプ」「水性タイプオイルフリー」「水性タイプオイルイン」があります。自分の肌質に合わせて選びましょう。

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
必要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要フレッシュアップルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要シトラスの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


必要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
どちらでもOKローズ調の香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要無香料

プチプラクレンジングおすすめ8選【クリーム】

肌に必要な油分や水分を残しながらメイクを落とせるクレンジングクリームを紹介。ナチュラルメイクの方や乾燥肌、混合肌の方はご参考にしてくださいね!

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
必要
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
必要ローズの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
必要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
フレッシュローズの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

必要ザクロ&ピオニーの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
×
必要クリスタルフローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
無香料

プチプラクレンジングおすすめ5選【ミルク】

続いて乳液のようなテクスチャーが特徴のクレンジングミルクを紹介。つっぱり感のないしっとりとした洗い上がりなので、ナチュラルメイクの方、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

必要ホワイトフローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
-
必要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


不要シトラスの香り

プチプラクレンジングおすすめ7選【ウォーター(ローション)】

化粧水のようなみずみずしいテクスチャーが特徴のクレンジングウォーター(ローション)を紹介。しっかりメイクの方やまつげエクステをしている方、脂性肌の方はぜひ参考にしてくださいね!

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

×
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
---無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

×
不要無香料

プチプラクレンジングおすすめ6選【リキッド】

オイルの割合が少ないのに洗浄力の高めなリキッドタイプのクレンジングを紹介。しっかりメイクの方はぜひ参考にしてみてください!

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


不要ベルガモット&ラベンダーの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


不要オリーブフォレストの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×

不要フローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


必要無香料

プチプラクレンジングおすすめ8選【フォーム】

泡の力でメイクを浮かして落とすクレンジングフォームを紹介。敏感肌など肌の弱い方や、使いやすさを求める方におすすめです。

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
不要無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要ローズの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

無香料
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り

不要ホワイトフローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×

不要フルーティローズの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


不要フローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
不要フレッシュアップルの香り

プチプラクレンジングおすすめ3選【シート】

取り出して拭くだけでメイクが落とせるクレンジングシートを紹介。疲れたり忙しかったりでクレンジングの手間を省きたいときや、旅行などの外出先で使用するときにおすすめです。

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
不要カモミールオレンジの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
×
×
不要ホワイトフローラルの香り
まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り
不要リラックスアロマの香り

プチプラクレンジングおすすめ【タオル】

最後は、クレンジングタオルを紹介。敏感肌の方やナチュラルメイクの方、クレンジング剤のコストを抑えたい方におすすめです。まだ使ったことがない方はぜひ使ってみてください!

まつげエクステ
濡れた手W洗顔香り


まとめ

ピンク色のさまざまなクレンジングが置かれている画像

今回はプチプラクレンジングを紹介しました。気になるアイテムはありましたか?

お手頃価格のプチプラクレンジングなら、肌の調子やその日の気分、使いたいシーンに合わせて複数のアイテムを常備しておく、なんていう使い方もよいかもしれません。

ここを参考にお気に入りのクレンジングを見つけて、よりきれいな肌に近づいてくださいね!

powered by モノレコ